置き場所

旅の記録

【一人旅】:岡山

こんにちは。

コロナがひと段落つき(?)緊急事態宣言も解除、Gotoも始まったことなのでブルネイ以来の旅にでました。
もちろん国内ですが、飛行機に乗るのも、知らない町に一人で行くのも、一人の時間を持つのも、本当に久しぶりだったので、弾丸で決めました。

★【期間:2020.10/03~10/04】★

・トク旅マイル

・直島

・サイクリング

・美術館

・倉敷

閑谷学校

  

・トク旅マイル

今回わたしが使用したのはANAのトク旅マイルでの航空券です。
3月くらいにマイルが良い感じにたまっていたので計画していたのですが、コロナの影響で中止し、やっとのことで行くことができました。

www.ana.co.jp

毎週火曜日に行先が決まり一週間水曜日の12時から予約ができるサービスなので決断力が必要なのですが、(人気渡航場所は一瞬でなくなる)もう今回は何も考える間もなく決めました。
片道4.500マイルで羽田⇒岡山です。
計画はほとんど3月にたてていたものだったので微調整するだけでした。

行く前にコロナですべての美術館が予約制になっていたので、加味し予約もできたのであとは行くだけ!1泊2日なので小さいリュックひとつもって出発です。
benesse-artsite.jp

 

 ・直島

初めて訪れる空港でした。
空港から市内へはバスが連携されています。
飛行機が多少前後しても、バスは合わせるようなのでそんなに焦らなくて大丈夫だとおもいます。時刻表などはサイトにわかりやすく載っていたためスムーズに行けました。

岡山駅に到着し、電車を乗り継いで宇野港までいきます。だいたい一時間程度。いくつか電車が出ているので有り難かったです。

前日に直島でレンタルサイクルを予約していたのですが、到着時間が予定よりも早くなりそうだったので、電話して早めに行っても大丈夫かと電話を入れました。
快諾させていただいたのでワクワクしながら乗り継ぎをし宇野港まで。
宇野港からはフェリーです。
www.shikokukisen.com

短い船旅だったのですが、とても楽しかったです。
暖かかったのでデッキの席で瀬戸内海を眺めます。たくさん島があるなあ〜
f:id:babibuuuuuuuu:20201024214536j:image
f:id:babibuuuuuuuu:20201024214601j:image


・ サイクリング

 利用させていただいたのはTVC直島レンタルさんです。

tvc-service.com

ミニベロ型の可愛い自転車でした。
久しぶりに自転車に乗ったので乗れるかな〜と不安だったのですが、よかった…。
ご親切にこの道は急ですよや美術館は予約制ですよなど教えていただきました。ありがたい…! 

f:id:babibuuuuuuuu:20201024214539j:plain

可愛い相棒

サイクリング趣味にしたいな〜車は運転できないので。
港から地中美術館を通ってベネッセまで。
自転車をおいてお散歩します。
(敷地内はサイクリング禁止)

10分ほど歩くと李禹煥美術館にたどり着きます。
こちらは予約不要でした。

benesse-artsite.jp


静かな建築と李禹煥現代アートが調和していてとても不思議な感覚でした。
建築、あまり興味はなかったのですが、安藤忠雄さんの建築…とても興味を持ちました。勉強したいな〜!

f:id:babibuuuuuuuu:20201024214532j:plain

f:id:babibuuuuuuuu:20201024214551j:plain

 

人が全くいなかったので、庭でお昼寝してしまいました笑
気持ちよかった…30分くらいお昼寝したでしょうか。小さな子供の声で目覚めました。風と鳥のさえずりがとても心地よく、久しぶりの旅に心から解放されたような気分になりました。

こんなに長い間旅をしなかったことが生まれてこのかたなかったので、気づかないうちにストレスを感じていたのかもしれません。大学生になってから今まで、もっとじっとできていなかったので、このコロナ禍、本当に辛かったのだな〜っと再認識できました。

一人になる時間、知らない土地に行く体感、旅を通してちゃんと一人でも生きているという実感、確証を得ることは、私にとって本当に必要なのです。
なんて考えながらお散歩し13時からの入場に間に合うように出発しました。

  

・美術館

特に好きな画家はゴッホムンクです。
モネは後半の作品が好きです。

この美術館には展示数こそ少ないものの、こちらも建築と相まって素晴らしかったです。う〜〜やっぱり建築に心惹かれます。今まで全く興味なかったのに…。
(そして推理小説が無性に読みたくなったサスペンス…余談ですが、おすすめです。
周木律『“堂”』シリーズ特設サイト|講談社文庫 )

 

帰ったら読も〜!

話は戻ってモネの絵です。
展示の仕方がとても素敵でわかっているな〜と…
コロナで人数制限していたしもともと少なかったので、人が少なくドンっと作品を目の当たりに思わず息を飲んで感動しました。

モネの塗り方って本当にすごいですよね。怖いな。
とぼうっと1時間ほど滞在して、特にやることもなかったので早めのフェリーに乗るために自転車をカッとばしました。疲れた。 

f:id:babibuuuuuuuu:20201024214558j:plain

②に続きます。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村