置き場所

旅の記録

【一人旅】:鹿児島1日目②

 

1日目の②です。

はじめてブログを書くので読み方がわかりづらくなってしまっていたり、あやふやなところがあるので試行錯誤しながら書いていきます。ご了承ください。。

 

・ドルフィンポート

桜島フェリー

桜島

・夕食

    

 

 

・ドルフィンポート

ゆっくりお散歩しながら天文館からドルフィンポートまで来ました。

暖かいのでお散歩だって平気でできてしまう。うれしい。三度目のドルフィンポートですが、こちらなくなってしまうらしい。最後にこれてよかった。

www.dolphinport.jp

ちょうど何かイベントをやっていたらしく。片付け作業にはいっていました。みたかったな。

ドルフィンポートを抜けると桜島がドーンっとそびえたっています。こんなに大きかったかしらとおもいつつ不思議な感じですよね。海の向こうに山があるんですもの。山しかないビジュアル。

土曜日ということもあって子供たちが遊んでいました。平和。桜島は噴火していて少しだけ煙が出ていました。

友人が「夏は市内に灰が降って、冬はあんまり降らないんだよ」と教えてくれました。初知りだったのでおもしろいなあと。風向きによってそんなに違うんですね。というかもう冬なのか~そうですよね11月ですもんね。早いなあ~。

 

有名なイルカの練習?放し飼いになっている川に来たのですが見当たらず。残念。イルカみたかったな~と横目に桜島フェリーが停まっているところまで到着。当初乗るつもりはなかったのですが、時間もあったし片道200円だし、フェリー久しく乗ってないしで乗ってしまいました。地元なのに乗らせてしまってごめんなさい…

 

 

桜島フェリー

桜島と本島を結ぶフェリーは15分おきに出ています。便利。

www.city.kagoshima.lg.jp

片道200円で行けちゃうんです。やすいね~。ということで無理にのらず15分待ってからのることにしました。

ちょうど夕焼けが綺麗で。軽く船旅に出たみたいな気分が味わえました。15分。短いようでやっぱり短い。楽しい!ッと思った瞬間に終わってしまうこの感じ。残念です。

友だちに、フェリーのうどんが美味しいんだよと言われたので帰りに食べることにします。確かにいいにおい…。ちょうどつく頃には日が沈みました。天気に恵まれてよかったなあ。

 

ついてから主要なところは車がないといけないと思うのですが、時間もあまりなかったのでぶらぶらとお散歩を。地図を見ると足湯があると書いてあるので行ってみることに。

 

www.sakurajima.gr.jp

 

f:id:babibuuuuuuuu:20191122152114p:plain

桜島フェリー周辺

 私たちはフェリー乗り場からビジターセンターへ行き、溶岩なぎさ公園・足湯まで歩いていきました。徒歩約15分くらいですかね。夕暮れ時の島の散歩は風が気持ちよくて最高でした。

 残念ながらビジターセンターは閉まっていたのですが、足湯には数人いました。歩き疲れた足を癒します。

猫ちゃんがいたんですけど、一人で遊んでいてとてもかわいらしくかわいがられているのか、人懐っこくてこちらでも癒されました。

 

暗くなってきたのでそろそろ帰ろうか、と帰りもゆっくりお散歩。

「月讀神社に寄りたいなあ」と言ったら「行ってみようか」と。

暗い神社って怖いですね。鳥居をくぐった瞬間冷たい空気になってうわっと思いました。粗相をしないようにしないと?と日本語的におかしなことを考えつつお参り。ささっとおりました。

帰ってからしらべたところ、桜島自体、「コノハナサクヤヒメ」が由来しているそうですね(諸説あり)詳しくないのですが、神話は好きです。こちらの神社の主祭神は「月讀命」(ツクヨミノミコト)だそうです。月の神様ですね。火山の島に月の神様が祭られているのは少し違和感ですが、ロマンチックでもありますね。


太陽の神様といえば天照大御神です。こちらの神様は多く祭られていますが、月讀命をお祀りしている神社はなんだか少ないように感じるので、うれしい気持ち。

http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000353.html

神話に興味はもともとあったのですが、本格的に名前を覚え始めたのは「鬼灯の冷徹」という漫画を読み始めてからなんですね~。地獄の物語なのですが、神話が盛りだくさん。気になって調べ始めて気が付いたら覚えていたというなんとも不純な…。好きこそものの上手なれですよ…きっと。神様も許してくれるはず…

 

鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)

 

 

話はそれましたが帰りのフェリーにも無事に乗り弾丸過ぎる桜島は幕を閉じます。

 

・再びフェリー

 

 フェリーでは行きとはちがいゆっくりと暗い海を眺めながら座りました。そしておうどん!うどんやのおばちゃんは「お客がこないから閉めようと思っていたところよ」とあぶない~!そしていただきます。

 

  

15分なのでオーダーが来たら即作ってくれます。

おいしい!

味がしっかりしているのにしょっぱくなくて、九州特有のお醤油の甘さも控えめで…。おいしい~さつま揚げもきちんと入っていました。友人はさつま揚げが苦手だと言っていました。練り物がだめという方結構いますよね。 興味深いです。

二人で半分こして食べます。なんていったってこのあとお肉が待っているからさ!

 

 

早いものでもう一日が終わります。

フェリーを降りて天文館まで戻ります。途中、ドルフィンポートではイルミネーションが輝いていました。今年初のイルミネーション。もうクリスマスですね。

 

・夕食

夕食は友人が予約しておいてくれました。

最高なお肉。見てるだけで涎が出そう。しゃぶしゃぶでいただきます。しゃぶしゃぶって沸騰させないんですね。鍋を見ながらいまかいまかと20分くらい待っていました。いくらなんでも遅すぎるとグーグル先生にきくと沸騰させないと書いてありました。お恥ずかしい。無知がばれる。

のみ食べのみを繰り返すこと2時間。最高な2時間でした。芋焼酎をしこたまのみ肉をたらふく食べて。

お酒が入るとよくないのですが詳細を忘れてしまうのでここに書くのは写真のみで。本当に使えないですね~。

 

あるいてホテルまで。

途中の天文館、土曜の夜の天文館すごいですね~。
黒服のお兄さんたくさん!すり抜けお話ししながら歩きます。やはり鹿児島といっても夜は冷えます。別れが名残惜しくなりながらお礼を言って別れました。本当にありがとう。とっても楽しかったです。

今夜泊まる宿は東横インです。久し振り日本のホテル。あったかくてスリッパついていて最高だ!(最近の国内旅行は旅籠屋に泊まることが多いのです。綺麗でモーテルのような宿です。いつか行ったところの旅籠屋についても書きたいな)

 

www.google.com

 

www.hatagoya.co.jp

(ベッドの台数が決まっていて、部屋代のような形の料金体系なんです。お風呂も朝ごはんもついています。綺麗ですし、車での旅行はこちらを利用させていただいています。ただ車で便利な場所、例えばインターの近くなど、なので車以外は厳しいです)

 

またまた話はそれてしまいましたが、このような感じで一日が終わりました。とても充実していて楽しかったです!

二日目に続きます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村